Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 いつかのためかいまだけか


佐倉・城下町400年記念協賛事業
『みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in 直弥のお寺』の詳細は
コチラ 

1112353.jpg





本堂で葬儀を執り行いました。

盆中にご逝去されましたが、紆余曲折あり昨日の本葬。


本当に葛藤の多い本葬でした。





関係性としては、一介のお檀家さん。

でも、

故人はオイラにとって血のつながったおじいちゃんのような存在。

そして、

おじいちゃんにはお子さんがいらっしゃいませんでした。










だからこそなのか、だからといってなのか。


感情に任せた方がいいのか、努めて冷静であるべきか。


故人のためなのか、残された親族のためなのか。




たくさんのことが絡み過ぎてどちらかを向かなければ進めないし、

全ての方向へは進めずに、そのどちらにも障壁があるのは明らかでした。




こんな場合、

オイラはとにかくまず故人の為と思い、

そして、

願わくは残された親族に伝わって欲しいと思う。

この“伝わって欲しい”というのがミソ。

伝えたいというオイラからのごり押しはしない。

だって、自ら感じる事が一番だから。







たとえ伝わりづらいとわかっていても、

いつか伝わってくれればいいのだと思う。


IMG_3150.jpg
葬儀の花を、ご縁のホトケサマへ

















関連記事

0 Comments

Add your comment