Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 続.読書の秋



読めますネ~ あっはっは


おそらく今までは2日続けて同じカテゴリのものは書かなかった気がするが、
別に意識しているわけではない(^-^)


ってぇ事で、本です♪




坊主失格坊主失格
(2010/12/22)
小池 龍之介

商品詳細を見る


淋しくて不安で、空しくて、イライラして 皆を傷つけて。
こんな、私でした。それでも変われた
話題の僧侶が語る、自身の生きづらかった半生と坐禅瞑想との出会い。(引用)



告白する事やさらけ出すことは勇気のいる事。
その事実は評価いたします。

それ以外はなんだか。。。 ?(__!)?(!__)?

個人的にはちょっと読んで後悔。
氏のファンが読む本だと思う。









街の木のキモチ 樹木医のおもしろ路上診断街の木のキモチ 樹木医のおもしろ路上診断
(2011/02/18)
岩谷美苗

商品詳細を見る


本書は、著者が撮りためたユニークな写真をもとに、木の気持ちになって、その状況を解説します。
木の立場になってみることで、日常風景の意味や自然観まで変わってしまう、かつてない街の自然観察本です。 (引用)



ホント、気のキモチがわかるような声が聞こえるような楽しい本。

オイラももっと木と仲良くなりたい♪
写真と共に挿絵もかわいくって文章も読みやすかった♪♪






ザ・前座修業―5人の落語家が語る (生活人新書)ザ・前座修業―5人の落語家が語る (生活人新書)
(2010/01)
稲田 和浩、守田 梢路 他

商品詳細を見る


人気と実力で知られる落語界の5人のスターたち。彼らはどのような修業を経て真打になったのか?
徹底して叩き込まれる序列への配慮と礼儀。師匠への過剰なまでの気配り。
トラブルや危機が起きたときのとっさの判断と対処法。―それぞれの経験をふまえ、
独自のしきたりが生き生きと語られるなか、落語への限りない愛情が浮かび上がってくる。
“社会の前座たち”に贈る、一人前になるための英知の言葉。 (引用)



噺家さんの修行は厳しい。そしてそれは理不尽でもあり矛盾が多い。
でも、だからこそ役に立つ気がする。


オイラも坊主見習い修行中。とっても理不尽で不条理を感じることがあった。
まぁオイラの場合、結果トラウマになった部分がありその辺はいかんともしがたいが…。

それでも、「若いころの苦労は、後になって効いてくるのネ♪」なんて感じてきたりする。


オイラの精神を支えるモノは、坊主の見習い修行と、(高校時代の部活である)剣道の寒稽古かな。
オイラの毎日を支えるのは、妻を筆頭とする家族だろうがね(笑)






今日はカーポートの雨ドイにつまったゴミを掃除した。

雨が降るたびにつまったトイから水があふれるのを見て「明日こそは掃除しなくっちゃ」と思っていたのだが、
イザ晴れるとすっかり忘れていた(+o+)

せかせか布団や家族の衣服を衣替えする妻をみていて気がついたのでした (^-^")/







関連記事

6 Comments

satock  

前座修業、今度貸して。

2011/10/06 (Thu) 20:46 | EDIT | REPLY |   

センパイ  

寒稽古

懐かしいですね。
確かに真冬に夜も明ける前から剣道の稽古って…。よくやったよなぁ。

僕にとっても確かに精神を鍛えてくれた一つです。

いつか住職が再び剣を手にする日が来ないものかとたまに思っています。

2011/10/06 (Thu) 22:36 | EDIT | REPLY |   

uchikoba  

つい、いつも後回しにしてしまう身近な人への感謝って、実は一番大事なことかもしれませんね。

2011/10/06 (Thu) 23:35 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

satock様。

> 前座修業、今度貸して。

ふっふっふ♪どんどんハマってきていますな♪♪
もちろんお貸しいたしますよ(^◇^)


2011/10/07 (Fri) 08:42 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: 寒稽古

センパイ 様。いつもお世話になります。

> 懐かしいですね。
> 確かに真冬に夜も明ける前から剣道の稽古って…。よくやったよなぁ。

先日、家族旅行で行った宿泊施設で一緒だった団体さんが、某大学の剣道部でした。
朝食の後の稽古について話しているのを聴いて胸がざわつきましたね。。
「懐かしいなぁ」という気持ちと「オイラは稽古しなくってラッキー♪」というキモチ。

> いつか住職が再び剣を手にする日が来ないものかとたまに思っています。

ぼてっとした体を絞るためという不埒な目的になってしまいそう…(笑)

2011/10/07 (Fri) 08:49 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

uchikoba 様。こんにちは♪



己れを愛するがごとく、汝の隣人を愛せよ。

『新約聖書』『マタイによる福音書』第22章39節

2011/10/07 (Fri) 08:51 | EDIT | REPLY |   

Add your comment