Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 浸透していく時間

手に取ってね~ あっはっは


当寺院の開基本尊は「虚空蔵菩薩 コクウゾウボサツ」様。

子供にたいへん御利益があるとの伝えによりいつの頃からか“子育て虚空蔵さま”と呼ばれ信仰されてきました。

以前は縁日である1月13日に盛大に供養が営まれており、「その日は屋台でにぎわったんだよ♪」とはお隣に住む古老の談。


しかし。


今となってはその記憶がある方もほとんどなく、そもそもお寺の本尊様を知らないお檀家さんの方が多いだろう。




「こりゃ、何とかせにゃイカン!」


と思ったかどうかはさて置き。

虚空蔵様のミニ冊子を作ってみました。



タイトルは寳金剛寺と子育て虚空蔵尊

秋彼岸前頃から本堂内に置いてあります。

IMG_3359.jpg


このような形態のミニ冊子は以前にも作成した事があり(「寳金剛寺」と岩富城主「北条氏勝」)今回は2冊となります。










本堂建設中から、「ここのお寺のストロングポイントはなんといっても虚空蔵様!」と思ってはばからなかったオイラは。

まずその名前を知ってもらい、親しんでもらうために、友人の協力でキャラクターを作って様々な配布物に登場させたり。


kokuuzoukun_1.jpg
     こくうぞうくん



kokuuzoukun_5.jpg
   こくうぞうくん(ピースバージョン)


虚空蔵菩薩(鰻船座)
  こくうぞうくん(ウナギの舟バージョン)









寺報紙『連想』で四コマ漫画を連載したり。



第11回~1
連想Vol.18号より





たいして使いもしない自らの名刺に掲載してみたり。


虚空蔵名刺






今春行われたイベントに合わせて、調子に乗ってオリジナルグッズを作成したりした。

IMG_27020202.jpg
手拭い(本染め)




他にも水面下では「お守りプロジェクト」なるモノも進行している。







まぁだからといってイキナリメジャーに上り詰める訳もなく。。。


やっぱりこういった事はコツコツ積み重ねてゆっくりと時間をかけて浸透していくのだろうネ。







だから、そのいつかの為にジタバタしてみよう♪


いつ咲くかわからない花の為に種をまこう♪♪


地味に地道にやるのはオイラの真骨頂だ!!





今日は毎月恒例の新念仏講『心和会』。

ご参加の方にミニ冊子を渡してみました♪♪







関連記事

0 Comments

Add your comment