Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 答えは出ないがやってみる


がんばるべ~ あっはっは


今日も竹山掃除。コレで三日連続です♪


と言ってもまる一日作業するわけではなく、昼食前の小一時間とかそんな程度。

主に地面に敷き詰められた落ち葉を掃き集めて燃やしていきます。

イザ集めてみるとその量の多い事!?!?

そして「結構集めた!」と思っても、振り返ってみると(集める前と)そう変わらない感じ。。。

なかなか簡単にはキレイに出来ませんね~ (;^_^A



それでも始める当初(本堂建設直後)から比べると見違えたんじゃないでしょうか♪


キレイになってくると空間を生かせないかと感じてくる。

というよりむしろ、生かせると思わないとモチベーションが上がってこないかも。




「何か花の咲く樹木を植えたいなぁ」とか。

「公園チックなベンチを置いたらどうか?」とか。


はては、

「いつか遠い将来、護摩堂とか出来たらカッコいいなぁ」とか。

「合同供養(合葬)墓でも設ける必要があるかなぁ?」なんて考える。






でも、やっぱりどれにしても少なからず“費用”はかかってしまいますよね。。




すると。

当寺の僧侶であるオイラは“お寺へ来る人の事”へベクトルを向けたくなるし。

さらに住職であるオイラは“このお寺に残せる事”に魅力を感じちゃうし。

その前に代表役員であるオイラは“費用対効果”を忘れてはならない。




何のために、どんな目的で、どこに向かってやるのか??




あぁ難しい。。。 σ( ̄、 ̄=)ンート・・・




と。


そんな事ばかり考えると良く分からなくなってくるので、も一度原点に返って
「キレイになれば気持ちいいじゃん!」と思って作業する。


  


いつかなにかが起こったときに、なにかがなんとかなるように♪

まぁやって行こうと思う。


IMG_3387.jpg
写真は「カタバミ」。
代表的な雑草でもあり“子孫繁栄”の草花ともされる





関連記事

0 Comments

Add your comment