Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 腹にためるな腹からだそう

お通夜のお勤めをいたしました。


年齢的には申し分ないとはいえ、突然のお別れに驚きました。

それでも、出会えた“縁”に感謝したいから、いたずらに悲しみを煽る事なく前向きなご供養をしたつもりです。




お孫さんが「おじいちゃんは天国へ行く!」と言っていました♪

だからオイラのお喋り法話でも、「浄土」や「彼岸」のイメージは守りつつ「天国」というワードを使用してみました。

行く先の名称がどこであれ、そこが安らげる場所だとみんなが思える事が一番なのでしょう。








さて。


最近お経を唱えたり、はてはちょっと多めにお喋りしただけですぐにノドを痛めるオイラ。

あらためて「腹式呼吸とはなんぞや?」と思っています。

声楽を習っていたらしい友人から「息を吸った時にお腹がゆっくり膨らむでしょ♪」といわれて、

滑舌を良くするために早口言葉は良くやっているけれど、

“呼吸”だなんて、そんなことまったく意識していなかった自分に気が付きました。 Σ(・口・)



お経のクオリティーを高めるためにもしっかりとした発声は大事ですよね。





とはいえいきなり身につくはずもなく。。。



お通夜を終えた今。

のどの疲れを感じている情けないオイラなのでした ┐( -"-)┌ヤレヤレ...






鼻から息を吸うとお腹がおっきくなり、ゆっくり口から吐くとお腹が凹む…ハズなのに?!?!?

オイラは吐いても凹まないし、吸っても肩が上がるだけ。。。

こりゃ大変だぁぁぁ!!!!









関連記事

2 Comments

satock  

習っていた「らしい」じゃなくて、イチオ、習ってましたよ、ちゃんと。。笑
そんな簡単には身に付かないよー。。
でも、常に意識するようにしてるだけでも違うんじゃない??
練習ということで、仰向けに寝転がってお経を唱えてみてはどうかしら??
仰向けの時の方が腹式呼吸しやすいから。
お腹に手を当てて呼吸を確認しながら、そして喉が開いているのを確認しながら、ね。
とにかく、大切な喉ですから、日々のメンテナンスが大事ですな。
風邪は治ったの??

2011/10/26 (Wed) 22:30 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

satock様。

がっちり習っていた方からのアドバイス有り難いです。
確かに簡単には身に付かないね~。他にもこんな人多いのかな?

体調は回復しましたが、ノドの回復はしそこなっています。。。((+_+))

とにかく意識していきたいです!

2011/10/27 (Thu) 17:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment