Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 それでも守るから護られるのか

頑張りました~ あっはっは


今日はとあるお寺のお手伝い。



早めにお伺いして早速の檀務。

もろもろ書き物をすませると、そのお寺のお檀家さんのご法事に参加。

そして会食からもどると、また書き物のお手伝い。


     ・
     ・
     ・



実はこちらのご住職様がちょっとだけ体調を崩されて入院されまして、

だからオイラは補助というかピンチヒッターというか中継ぎ登板というかそんなところです。






当然と言えば当然ですが、ご住職が不在でもお寺はお休みにはなりません。

オイラも以前、とあるお檀家さんから「体調悪いトキ葬儀の依頼があったらどぉするの?」と聞かれましたが。

答えは当然「モチロン葬儀に行きます!」しかありませんです。

ましてはこちらのお寺さんはお檀家さんが多く、必然的に檀務が多いという事。




それでこれはお寺の住職をされている人しかわからないかもしれませんが、

こういった忙しさって、「今はちょっとダメ!!」って時ほどワァってくる。

つまり。

体調が悪い時や、かなり前から予定していた外せない用事があるホド葬儀の御連絡があったりする。

これをとあるご住職様は「(ホトケに)試されてるんだよ」といい、

またとあるご老僧様は「(ホトケは)坊主をいじめるんだよ♪」と独特の言い回しで表現されていた。


(かくいうオイラも新婚旅行を直前でキャンセルしている。。。)







そして本日こちらのお寺でも、住職不在の中、法事と夕刻からのお通夜の予定が入っており、

その準備の合間にも卒塔婆の依頼FAXが流れてくるは、ご住職の入院を聞き付けた方がお尋ねに来るは、

境内では(震災被害の)屋根の修理業者さんが作業をしているは、お庭のお掃除の方が来ているは、

お墓参りのお檀家さんが来るは・・・。



ばたばたと目まぐるしい状態でした。ΣΣ( ̄◇ ̄;)!




ホントーに大変そうだけど、オイラは補助は出来てもあくまでメインはコチラのご住職様。

100%の代務など出来るわけがないし、むしろたいした力にはなれません。



それはご住職様が一番わかっておられます。

モチロンオイラだって、直弥のお寺にいる時はそういう心持ちです。



「時間がちょっとだけ止まってくれたらなぁ。。」


そうすれば必要な知識を身につけたり状況に対応する心積りをしたりといった準備が出来るのに。。

ちょっと一息つけた方がもっと出来るかもしれないし。。。








正直そう思う事もある。



でも、



それでも守るべきものがある事が尊いような気がするし、その中でかけがえのない経験が出来るのだと思う。




securedownlo.jpg
卒塔婆を書くオイラを観ていてくれる、お堂内の阿弥陀様♪







関連記事

2 Comments

鈴木 康雄  

ヘボカメです。

いつも写真を撮らせていただきあいがとう。
ちょっと気合いを入れて納得するまで、直弥のお寺で佐倉市の観光写真コンテストのグランプリを狙っています。
お子様の写真が出来ましたので後日お届けします。

2011/11/28 (Mon) 17:57 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: ヘボカメです。

鈴木 康雄様。

> いつも写真を撮らせていただきあいがとう。

こちらこそいつもありがとうございます♪


> ちょっと気合いを入れて納得するまで、直弥のお寺で佐倉市の観光写真コンテストのグランプリを狙っています。

どうせならグランプリ狙っちゃってください!!
そして直弥のお寺をスターダムに(笑)


> お子様の写真が出来ましたので後日お届けします。

お天気が良い時にでもふらっとおいで下さ~い <(_ _)>

2011/11/28 (Mon) 19:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment