Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 まぁるい円のような縁


本日はご葬儀の導師を勤めました。




急な縁があってオイラが祭祀することになったご霊位様とご家族。

つまりお寺と御家族は初対面のような関係です。

*このようなことはオイラのお寺では1年に1度位です。








オイラは、

「これを機会にお寺や仏教に親しみを持って欲しい」といった心持ちで祭祀します。

そして

「このご縁によってこれからも宜しく♪」的な空気を出しています。



上記の字づらだけ見ると、とっても良い様な気がするかもしれません。







しかし、

このようなつまり完全ご新規さんの場合、結果は対照的になる場合が多いのです。



「とても良い機会に恵まれた」と感じていただけ、以来仲良くなれる場合。

一方、

「え?!葬儀以外に寺とつながる気は無いよ」と突っぱねられてしまう場合です。





この突っぱねバージョンの場合、葬儀へ向かう過程ではコチラのお話しや御提案を聴いて下さるのですが、

七七日も過ぎた頃になると、「なんとか(お寺との関係を)フェードアウトしたい!!」という空気を出し始め、

結果それっきりになってしまいます。


だからといってそこでコチラもヘンに頑張ってしまうと、なんだかオイラが(葬送儀礼を)恩着せて、

そのご家族に一方的にお寺への利益供与をごり押ししているかのような感じになってしまうのです。。。




モチロン見解の相違もあるでしょうし、

オイラの浅学さも含めてコチラ側にも非はあるのでしょうが・・・・。








オイラの坊主タイプとしては、いわゆるビジネスライク的なスタンスではありませんし、

良い意味では寄り添った、悪い意味ではアマちゃんなスタンスなので、

このような「え?!」に出食わしてしまうと“裏切られた”ような感覚に襲われてしまい、

もの凄~く傷ついてしまうのです。


正直2・3年は引きずるし、

「絶対このような方に出会いたくないから、本来のお檀家さんとしか関係したくない!」と思ってしまいます。


でも、


例えば御家族を失って悲愴な面持ちで「御供養してください!」といわれると、

そんな状況で「でも、〇〇とか△△とか出来ないと拝まないよ!嫌なら他あたりな!」

みたいな駆け引き染みたやりとりは絶対したくないし、

なにより

全く知らない人の時ほど「仏縁だな!!」なんて受け取ってみてしまうし、

「オイラごときがお役にたてるのね♪よっしゃ!」と感じてしまうのです。




コレが良いのか悪いのか、ホントにわかんない ┐(^-^;)┌

この先、画期的な解決方法にも出会わない気もする。





わかるのは、また絶対に傷付く事もあるし、

それでも誠心誠意取り組めば、素敵な御縁になる事もあるという両極端な事実でしょうか。

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン



本日の祭祀も、当然のことながら

「このご縁を大切にしていきたい」と精一杯お勤めしたつもりです♪♪

そして、御遺族様と出会えたことに感謝して、

その縁をつないでくださったご霊位様に敬意を持って手を合わせたつもりです♪♪







なんだかあまりにもわけわかんない文章になった感がありますが、

以上、本日の独り言でした(*^_^*)











関連記事

2 Comments

U-san  

No title

いろいろな縁がありますよね。裏切られたって気持ちもよくわかります。

ぼくは、檀家さんやたまたま縁をいただいた方にも、他人以上家族未満の関係を心がけてますし、実際にそのように話もしてます。こんな話から敷居が高いイメージがなくなればいいなとも思いつつ。

少し外れますが、車で送ってもらってる時や、法事の後席のときに、「次の法事はやんなくてもいいか」みたいな話を家族でされているのを聞くとさみしくなりますね。そんなときに、どの程度まで踏み込むか迷います。しかも、家族で話してるだけならまだしも、こちらに「やんなくてもいいでしょ?」と聞かれることもしばしば。「俺に聞く?」と思いつつ「ご家族それぞれのやり方がありますから、皆さんで相談してください」と答えてるけど、檀家さんの本心ってやっぱりお金もかかるし、面倒臭いのかな?

2011/12/08 (Thu) 23:56 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

U-san様。こんにちは♪

共感してくださって心強いです(^v^)

そして私も「(お坊さん)次の法事はやんなくてもいいかな?」みたいに聞かれた事あります。
あれってすっごく悲しい質問ですよね~。。
自分で中止の決断するのがなんとなく後ろめたいから、
お坊さんの口からから「やんなくていい!」みたいな言質を取りたいのかなぁ???

とはいえ“やらなくてはいけない”という事を強調するのも芸が無いので、
“是非やりたい~!!”と思ってもらえる方向性は無いかと自問しています。

「あの雰囲気が好き!」とか「お坊さんのトーク面白い」とか「法要後の会食楽しみ♪」とか。
それが例え方便であれ、行く末は真理でもありますよね。



ちなみに私の妻の家関係は法事大好き!
回忌があると生家に前日入りして当日も泊まり!!
みんなが集まって酒飲んで騒いでくだまいて・・・(笑)
お互いが遠くに住んでいてなかなか会えないからなんだとか。
一種のイベントですね♪♪

なかなか心持ちが好いなぁと思いつつ
「で、お寺さんは?」と私が聞くと。
都会タイプのお付き合いといったらいいのか、
自宅に5分前に来て仏壇前でお経読んで、終わったらソッコー帰るらしく特に何の印象もないみたい…。

う~む(;_;)???



共に頑張って行きましょう!!!(^◇^)



2011/12/09 (Fri) 13:04 | EDIT | REPLY |   

Add your comment