Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 今更学びたい心


ためになったね~  あっはっは

本日は宗派関係の講習会に参加すべく、会場である千葉市内のホテルへ行ってまいりました♪♪




住職としてお寺を護るとの言い訳を良い事に、ここ5・6年すっかり田舎に浸りきったオイラ。

ふいにこんな都会へ来ると何だかポカンとしてしまいます。いや、ホント(*^_^*)



2011120914490000.jpg
会場の窓から見える東京湾








本日の講習テーマは“『理趣経』の真髄について”

真言宗において所依の経典とされ重要視されている『理趣経(リシュキョウ)』。

葬儀や法事・各行事と、とっても読む機会がある。

だが意味を理解しているかというと、(オイラは特に)本当に上っ面でしかないと思う。

ましてや、真意を汲み取らずに聴聞すると邪見を起こす恐れがあるとされるなんだかスゴいお経。


そんなお経についての講義を聴いてまいりました。





内容についてはオイラごときがとてもとても語れませんが。







結論を申せばそれは“当相即道”であり、







それをカタチで表せばコチラになるのだそうです。
             ↓↓↓
御秘密菩薩






           ・
     
           ・

           ・
 
           ・
  
           ・

むむぅぅむ。。

深い!深すぎる!!!  (*゚o゚*)~゚ ボー






モチロンその真意を網羅できるはずもないのですが、

ちょこっとふれられただけでなんだか目からウロコなキモチ。。

心からなにか垢のようなモノがとれたような。。

とっても有意義な受講となりました<(_ _)>









それにしても忌まわしきは今更ながらのオイラの最近の向学心。

普通の皆さんは学生の時に既に体験しているのでしょうが、

オイラは30代を過ぎてホントに今更って感じです。

別に自分の今までの時間の過ごし方を後悔しているわけではないケド。

「お前!今までそんな空っぽでよくぞのうのうと生きて来なすったなぁ」というもう一人の自分がいます。





全てを遮断して、1・2年位ひたすらに学びたい気分に襲われる事がある。

でも現実に実務を放棄する事は出来ないし、檀務や家庭を顧みないような行動はナンセンスだろう。

実際、実務に追われるからこその無い物ねだりのような気もする。




色んな事が欠けているオイラだが、それも含めて今のオイラはたいへん恵まれているとも思う。

ダメながらも充実しているし日々を過ごせている。




だからそんな自分でも ま、いっか♪♪




これから5年後あるいは10年後。

オイラはどんな坊さんでいられるのだろうか(●^o^●)



関連記事

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/09/18 (Fri) 20:02 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: 五秘密菩薩の図像について

鍵コメU様。

お問い合わせの件について、E-mailにてご連絡させていただきました。
どうぞよろしくお願い致します。(*^^*)

2015/09/19 (Sat) 16:06 | EDIT | REPLY |   

Add your comment