Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 こうして立派になってゆく

寒いネ~ あっはっは

朝起きたら境内のアチコチに霜柱が。。。( ̄▽ ̄;)!!

そして水たまりには氷が張っていました。



でも、陽が差しこめてくると日中は風もなくてイイお天気♪♪

境内では以前依頼してあった境内の樹木の枝払いが行われています。


IMG_3557.jpg
イチョウ葉の絨毯の横で柿の木の枝払いをする職人さん♪



IMG_3558.jpg
そして柿をゲットする息子たち♪♪











『小心者克服講座 ~お坊さんにダメージを与えよう~  






<自宅法事編>


・お茶を飲みながらワイワイしていた皆さんが、坊さんの登場でなぜか一気にシーンとする。

【感想】「あれ?お呼びでない??おいおいそんなこと無いって!!」←ノリツッコミ



・坊さんの座布団だけやたらとでかくてあまりに分厚い

【感想】なんか恥ずかしい。。フツ―のでいいんですけど


・(読経中)雰囲気に飽きてしまった子供に親が一言「静かに!!みんなガマンしてるんだよ!」

【感想】えっ?!我慢ってオレのせい??


・同じく子供に「ちゃんとしないと前にいるお坊さんに連れて行ってもらうよ!!」

【感想】死神ではございません


・(読経後)坊さん着替えてたらみぃんなもぅ墓地へ。

【感想】待ってくれ~!!!



<会食編>

・一番上座を勧められ、座ると後の人は上座の譲り合い。結果坊さんの横が空いたままとなる。

【感想】嫌われてるんじゃないよね??



・御親戚の方が「私の菩提寺は■■県の〇〇寺ですよ!あそこってほら△△だから」と知ってる前提で話してくる。

【感想】同宗派(豊山派)だけで全国約3,000箇寺あるので。。。すいません!知りません!!




・後ろの方で欠席者分のお食事についてどうしようか相談。すると誰かが「坊さんにあげちゃえ!」

【感想】有り難いですけれど2人前はお腹に入りません。みんなでわけましょうよ。



・遠くの席でお施主さんが、息子に「ほら!坊さんにお酌して来い!」
 すると多感なお年頃の息子さん「えー!メンドクサイ!!」結果(しぶしぶ)お酌に来る。


【感想】怒られてまでついでくれているなんて。。。恐縮です(聞こえてました)











修行の足りないお坊さんはこうして大人になり、そして地域にとけこんでゆく!(^u^)





関連記事

0 Comments

Add your comment