Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 季節モノ


いろいろやりましょ~ あっはっは


葬儀関係の予定が続いていたので色々なことが後回しになっておりました。

どんな用事があろうとも、予約を入れていようとも。

葬儀となったらそれが最優先!


突然予定が変わるもんだから誤解されたりする事もときにはある。


まぁ、これは僧侶の宿命。

ぼやいたってはじまりません。

出来ることをしっかりやって行きましょう♪♪




アチコチ車で移動したので車中で一席♪

落語名人会(26)落語名人会(26)
(1995/11/22)
古今亭志ん朝

商品詳細を見る




『二番煎じ』・・・火の用心の夜回りで番屋に集まった旦那衆。あまりの寒さに懐で拍子木を打つやら股に提灯を入れるやら。おまけに肝心な「火の用心」の掛け声もちぐはぐに。そんなこんなで番屋に戻った一行。火を囲んで暖を取ろうとするとそのうちの一人が酒を持参していて皆に勧める。酒を飲んでいる所を役人に見使っては大変と、土瓶に移して“煎じ薬”のていで飲もうと決める。その後お誂え向きに用意した肉や鍋で楽しんでいると何やら戸を叩くモノが・・・。





寒い季節にピッタリのこの噺♪

個性豊かな楽しいドタバタ御一行様に心もホンワカ。

寒ぅ~い外を背景に、こっそり食べるあったかい鍋がとっても美味しそ~ (゚ー,゚*)ジュルルル

後半もドキッとしたりホッとしたり苦笑したりと飽きさせず、悪い人が出てこない無邪気な一席♪♪




今の時代は夏は冷房だし冬はもちろん暖房。ヒートテックに身を包み自宅から目的地まで自家用車で移動。

するとどうしてもその季節のもっている特徴が消えてしまう。

でも、本当は暑い中の良さや寒い中でしか味わえない楽しみってあるわけだし、

こういった“季節感”ってやっぱり大切だよなぁ。





そんな事もふと思いながら、車を走らせる運転席でニヤニヤ笑うオイラでした♪

関連記事

0 Comments

Add your comment