Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 ちゃっぱ 改メ 茶挽きばあさん

聴いてきたぜ~ あっはっは

以前(2012/1/6)このブログで書いた“地元に伝わるお話し”。

今日も挫けずにお話しをうかがってまいりました♪(o^∇^o)ノ




大まかには。

・おじいさんの地元にその昔、お茶屋のおばあさんがいた。
・その店は街道沿いにあった
・名残の茶の木が現存する   って話しです♪

(*前回のあらすじはコチラをクリック → ココ




今までは正直、話しについていけない感じばかりでしたので今回こそはと!!

事前にいくつかの資料を読みこんで、

歴史的な背景を市の市史編さんを担当している方にもうかがってって感じで予習もしたし。




何より今回は、お話しをしてくれるおじいちゃんと御親戚でもあり、

オイラごとき若坊主の行動に常に賛同してくださっているという

有り難~ぁいお壇家さんが帯同してくださる運びにもなりまして。


「さぁ楽しもう♪」と気合も新たに!


通算4度目の傾聴会でございます(*^_^*)








おじいちゃんのお宅へ着くと、御親戚と一緒にまずは世間話。。。。

御親戚のナイスパスでさりげなく本題に入ってゆきます。



フムフム・・・・・

フムフム・・・・・



(こりゃあ、イイ♪)


基本的にその御親戚の方(60代)が地元空気満載で話しをふってくれるのでおじいちゃんも話しやすそう。

さらに。

お二人中心で会話が進んでいくので、オイラはメモを取りやすい♪


そしてなにより。

オイラがワカラナイ単語(小字・屋号・他ローカル固有名詞)は御親戚の方が通訳のような形で

オイラに話し直してくれます。


それでもやはり話はアチコチ。。(;´▽`A``

でもまぁそれは御愛嬌♪







で、要約するとこんな感じです♪









『ちゃびきばあさん』


その昔、この地区(佐倉市八木)にひとりのばあさんがいてね。

ばあさんは茶屋を開き、道行く人にだしたそうな。

店の辺りは湧水豊かなところだから、歩き疲れた人はよっぽど美味しかったろうね。

この地区には街道(旧成田街道)があったから、成田山詣での人馬がたくさん往来したんだと。

通り近くの名主の家には行きずりの夜盗から身を守るための覗き穴が戸についていたほどだよ。

まぁそのくらいだから、きっとお茶屋もにぎわったのだろう。

少し前まではそのお店の場所に立派な松の木が立っていたんだけど今は無いなぁ。

お茶の木もあったと思うんだけど、しばらく見てないからもう無いかなぁ。

これはちゃびきばあさんと呼ばれるお話し。

向こうっかたの山(当区南東側)は今は荒れちゃったけど、昔は子供らが野鳥をつかんで遊んだもんさ。

その場所は「ちゃびき」といっていた。

ちゃびきばあさんと関係あるのかなぁ。


*口語体はあくまで構成に寄るモノです) 













うぅん、まずはこんなもんかな♪

まぁ、もうちょっと精査したい部分もあるけどとりあえずはね♪

おじいちゃんの話しには。

付随するようなしないような、全くカンケーないような話もたくさんくっついてきております(笑)

この場合はそれを徹底的に削ってみました。


でも、おかげで他の興味深い話し(の断片)もチラホラ。

・八木区東福院の堂守(しょうゆじいさん)の話し。
・東福院の薬師様に日参したおばあさんの話し。
・薬師堂の地面から貝殻がたくさん出た話し。
・おびしゃをする駒形神社の話し。
・荷車を押す人(たちんぼ)の話し。

などなど。


おじいちゃん宅をおいとまをした後は、

御親戚の御案内でお話しに出てきたいくつかの場所を散策してみましたよ♪


P1020582.jpg
写真は同地区“駒形神社”へ通じる道。これはさすがに地元の人しか知らない道だなぁ。。
あれ?!今“平成”だよね??とか思っちゃう道






まだまだ知りたいところですが、なにせ本んっっっ当に効率の悪い調査ですので、

気負わずに行かなければと思いますネ (o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ













<協力>
・佐倉市市史編さん室 様
・お檀家E・H 様
・お檀家E・T 様

<参考資料>
・石田肇著『北総農村民俗誌』創栄出版
・『ふるさと歴史読本 近代の佐倉』佐倉市市史編さん室
・『和田の伝承』佐倉市立和田公民館
・『和田村史』和田郷土史編さん委員会
・『多輪免喜(第四号)和田の地名』佐倉地名研究会

ありがとーございました (^人^)感謝♪





関連記事

2 Comments

satock  

いい!!こういうのいいよ!!起承転結とか丸無視で、でもなんだか妙にリアリティがある感じがグッときます。大変だろうけど、こういうのもっと集めてほしいなあ。これ面白いよ~。

2012/01/29 (Sun) 01:09 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

satock様。

評価いただき恐縮です(*^_^*)

何もしっかりとしたストーリーで、メッセージ性があって、しかもウマいサゲがあるってぇ噺だけが落語じゃないって事と一緒っすよ♪←(何でも落語に絡める最近のオイラ)

まだ頑張ります!

でも、たかだかこれひとつの話しだけでもここまでいくの大変なんだなぁ、これが(^_^;)

2012/01/29 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment