Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 これも縁かな


お通夜のお勤めをいたしました。






本堂でのお勤めです。


新築から4年目。初めて本堂で通夜・葬儀をいたします。





IMG_3703.jpg













・・・。


今回の祭祀を行うまで。。









難しかったです、とっても。 o(´^`)o ウー




それは。

『本堂は葬儀場か否か?』という事です。




オイラの中ではスンごく難しいテーマなのです。




本堂は葬儀を行うための所か?まずオイラの答えは“否”です。

でも、本堂でご本尊様とご縁を結ぶのならこの上ないありがさだとも思うのです。


この2つには大きな矛盾があります。




うまく伝えられる自信が無いが、あえていえば確信も無いのに行う事がコワいのです。


イエスorノー


この答えはお寺の住職さんによって本当に色々だと思うのです。


「絶対だめ!」と言う住職。

「違うでしょ!」と言う住職。

「ウェルカム♪」と言う住職。

「やって上げましょう」という住職。

「条件付きならば・・」という住職。

「どっちでも」という住職。



根拠を聞けばそのどれも間違っていなくって、そんな事がまた難しい。





本堂建設時。

「みんなの金で建てるんだから、葬式に使えるんだろう?」というお檀家さんの御質問には。

「建ててからしっかり考えませんか?」と結論を先延ばしして答えていた。


それはオイラがその質問に含まれている“本堂=葬儀場”という発想に嫌悪感があるから。

でも、

「(葬儀に)使えないのなら建てる意味無いじゃん!」と短絡的に言われた時に、

考えはあるものの、その自分の中の理想をピシッと言える自信が無かった。










~ 時は流れ ~











今回。

まぁとっても色々な事が絡んで。絡んで。。







結果。本堂で通夜・葬儀を行う事となった。




オイラの心の中では100%納得してのことではないが。

結果goサインを出したのはこのお寺の代表であるオイラなのだから。

請け負った以上、とっても良い儀式にしようと思った。





少し前、お通夜が終わった。





オイラの中ではとても心地よく祭祀出来た。

本当にそう思う。(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン




それは、

本堂だからであろうか?

大好きなご本尊様の前だからだろうか?

ご霊位様がそうさせたのか?

たまたまか?





答えは本日関わったオイラ以外の人が持っているのだろう。








今日の青空はキレイだった。


明日も晴れるだろうか。







関連記事

0 Comments

Add your comment