Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 未来への手紙

戒名必要ない56%、葬式簡素派9割…読売調査


読売新聞社は2月から3月中旬にかけて冠婚葬祭に関する全国世論調査(郵送方式)を実施した。

冠婚葬祭を簡素に行う方がよいか、盛大に行う方がよいかを個別に聞くと「簡素に」との答えは「法要」96%、「葬式」92%「七五三」86%「結婚式・披露宴」84%で、いずれも90%前後に達した。
これらについて、慣習やしきたりにこだわらなくてよいと思う人の割合は「結婚式・披露宴」78%「法要」59%「葬式」58%「七五三」54%とすべて半数を超えた。冠婚葬祭をめぐる国民の意識は多様化している。
自分の葬式を仏教式で行う場合、戒名(法名)が「必要ない」と答えた人は56%で「必要だ」43%を上回った。年代別でみると、「必要ない」は40歳代で最多の63%となるなど、20~60歳代の各年代で多数だったが、70歳以上だけは「必要だ」54%が「必要ない」44%より多い。

【読売新聞 4月8日(日)18時31分配信】



以前、葬儀社さん主催の『お坊さんに色々質問してみよう!』的な会にお坊さん(質問される側)として参加した事があります。

その際「戒名が無いと成仏出来ないのですか?」と聴かれました。

そして私は「はい!成仏出来ません!!」と答えました。

皆さんは驚かれていたようです。

この流れだけでは、坊主が「戒名付けろ!さもなくば地獄へ落ちるぞ!!」って脅しているように誤解されるかもしれません。

でも私が言いたいのはけっしてそんな事ではありません。



私は続けて言いました。


「成仏しなくとも救われると思います!ただし私はその根拠が説けません」と。






『成仏』とは文字通り“仏(ほとけ)”に“成る”事。

『ほとけになる』つまり『仏法に救われる』のならほとけの教えに従い(帰依)実践する。

実践するための方法論として『仏弟子となる』つまり『戒名を授かる』のです。




イエスの子である人は成仏する必要がありません。

イスラムの教えを実践する人はコーランに成仏など書いていないです。

神(祖霊)となり草場にかくれ、清霊と鎮まるなら成仏とは別物です。





しかし結局のところ人智を越えた何かにすがることに救いを求めるのです。





私は、あえて宗教を日常の何かに例えるのならば、それは“イスの背もたれ”かもしれないと思っています。

普段、人はイスの背もたれが無くともイスに座れます。

あるいは元気な人は「立っていられるからイスは要らない」と言うかもしれません。

スッと立ち、たまに座るだけなら背もたれなんて必要ないのかもしれません。

でも、ふと疲れた時に背もたれがあると楽だし、

もっといえばイザという時にもたれる事が出来るというだけで気が楽になるでしょう。

今要らないからと言って、永遠に必要ないといいきれるのでしょうか。

背もたれはみんなのイスにある。

でも、前を向いているときは見えない。

使わなくともある。

感謝されたいからあるのではない。

ただあるから感謝したくなるのだ。









そんなことを踏まえて♪





考えたうえで必要ないなら仏教界としての責任だろうし。

考える機会が無かったのなら仏教を伝える坊さんの責任だろうね。


と思ったのだ(*^_^*)












関連記事

2 Comments

U-san  

No title

ん~なるほど! 戒名と成仏、イスの背もたれ、いただきたい表現です。今年の施餓鬼の法話はこのテーマで話してみようと思います。ありがとうございます。

2012/04/10 (Tue) 14:18 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

U-san様。お久しぶりです♪

いただいても味の保証はございませんのであしからず(笑)

2012/04/11 (Wed) 10:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた.【未来への手紙】
  • 戒名必要ない56%、葬式簡素派9割…読売調査読売新聞社は2月から3月中旬にかけて冠婚葬祭に関する全国世郵送方式)を実施した。冠婚葬祭を簡素に行う方がよいか、盛大に行う方がよいかを個別に聞くと「簡素に」との答えは「法要」96%、「葬式」92%「七五三」86%「結婚?...
  • 2012.04.09 (Mon) 14:36 | まとめwoネタ速suru