Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 キモチどっとこめて

頑張りましょ~ あっはっは



忙しさを言い訳にするな!とばかり自分にはっぱをかけまして残したご飯ととく。

そのこころは。

どちらも肥やしにできるでしょう♪(^-^)







なんて意味不明な書き込みはともかく。。。



市内葬祭業者さんの会場で行われたセミナーに参加してまいりました。




obousann.jpg





講演「守るべきものと護るべきもの」
株式会社おぼうさんどっとこむ 代表取締役 林数馬 氏




主に葬儀を取り巻く既存の仏教界体系に一石を投じたスタンスで活動されている方。

どんな刺激をくださるのかとワクワクするオイラ。o(^O^*=*^O^)o ワクワク




昨夜から

「オイラ自体も勝手な概念に凝り固まっているだろうから、なら良いポイント知りたい!」とか。

「『今の仏教界=坊主丸儲け』みたいなステレオタイプな展開だったら論破してみたい!」とか。

「でも、ヘタに質問すると『みなさん!あの人が一般人と乖離した今の坊さんの代表ですよ~』みたいに
 ウマい事祭り上げられちゃうかな。。」とか。


「同情をかうような言い訳じみた反論するくらないなら黙って聞いていよう」なんて


 シュミレーションしていました♪♪










で、結果。






(´σ `)?








うむむ。



なんか拍子抜け~「(´へ`;








あ、誤解の無いように言うと、話しはとっても良かったです。

そして人柄も情熱的でおおらかな良い人といった印象でした。







でも、自身の立場にたいするテーゼが無かった。






今日のようなお話なら近所にもっと話せるお坊さんがたくさんいるぜぃ。



檀家制度や地域の風土といった既成の縛りを受け入れて、

スポットを浴びることなくとも地道に草の根活動されているお坊さんはたくさんいるぞよ。





そんな事は100も承知であろうはずの中で、

今日の講師は既成のシステムに対して反旗とは言わないまでも疑問を表明した立場のはずなのに。

株式会社化したのならもっと堂々と企業理念を語って欲しかった。


もし仮にですけど「税金払ってるから認められているんですよ」という理論武装のための株式会社化ならば、

“寺=坊主=税金なしの御布施ガッポリの丸儲け”といったちょっと考えればわかるはずの偏見に、

むきになって反論しないその他大勢の坊さんの方がむしろ業を受け入れている分懐が深いと思う。





そんな感想でござんした(*^_^*)






まぁ聴講席の両隣の方と仲良くなれたからいっか♪♪








まぁまぁ内容はさて置き。



今日の講師は名の知れた方ですし、

葬送形態については連日読売新聞に取り上げられている程関心の高いテーマであるはずなのですが、

その割にはけっこう淋しい聴講人数。

この“世論とされる新聞情報と実感的な温度”の差はいったい何なのだろうか。。。

こっちの方が興味深いです σ( ̄、 ̄=)





試しに葬儀社さんに「広報不足じゃあないのかい?」とひやかしたら。

「近所にポスティング1,000枚やったんですけどね」とのご返答。






・・・・。やべ。。。



オイラのお寺の講演会チラシは現在ポスティング450枚。






。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。



4月22日・29日『みたい!しりたい!佐倉の歴史♪ in直弥のお寺』 詳細は→コチラ

5月13日『お寺で落語会 出演:金原亭馬吉』 詳細は→コチラ


。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚☆゚+。






さっそく寺務所のプリンターで増刷スタートです(笑)







関連記事

2 Comments

shoukou  

No title

今日はご一緒できて嬉しかったです。
本日の講演で漠然と感じていた疑問?感情を京極さんとお話しすることで納得、整理することが出来ました。おかげさまで本日はとても貴重な時間を過ごせました。この時を提供して下さったアラキさんにも感謝します。
また今後とも宜しくお願い致します。

2012/04/14 (Sat) 22:08 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

shoukou様。

先日はお疲れさまでした。
そうですよね~なんか疑問でしたよね~((+_+))

でもそういった事も含めて考える時間があったので感謝ですよね♪
コチラこそ今後ともよろしくお願いいたします。
そして1日も宜しくお願いします♪♪♪

2012/04/15 (Sun) 21:21 | EDIT | REPLY |   

Add your comment