誰がために

それは少し前の葬儀のことです。





私はどことなくその場に馴染めないような雰囲気を受け取っていました。






葬儀に関して、関わるご家族の意識は様々。




とっても悲しむ人。

今までの愛憎入り混じる人。

淡々と進める人。

体面を気にする人。

個性を表現しようとする人。




感じ方は人それぞれ。


理想を語っても始まらないし、本当の正解なんて無いのです。




ただ、



そんな中で、私が一番苦手としているのが

“全体的に関心の無い場合”です。

もっというと、“省略出来ればそれに越したことは無いという雰囲気の場合”です。

ただただ形式的に進めて特に考えず、省略していくことに意識が多くある場合。



これは一番難しい。



むしろ

「宗教なんて意味は無い!」とか「儀式の必要性に疑問!」といった、

批判的な場合の方がよっぽどやりがいがある。

相手がなぜそのような思考に至ったのか。その思考を逆のベクトルに向けてもらうための努力が出来るから。

賛成であれ反対であれ、考えた中で進んでいればその“考える”という行為が共通項になる。


だけど。


“関心が無い”というのはそのとっかかりがつかめないのです。。







IMG_4085.jpg








それは枕経の席。

ご自宅にお伺いするも特に何か聞かれることはありません。

とりあえずお経を聴いてくれて、とりあえずお茶を出してはくれますがそこからはありません。



私がおもむろに「故人様のことを聴かせてください」と略歴を記入する紙を手渡して

「少しでも故人様のことを知った上で心を込めて拝みたいのです」とお伝えします。

紙面を覗き込むご家族。

しばらくして「テキトーでもいいですか?」とのご質問。。。




もちろん、家族だからこそ、改めてその性格や生き様を文章で表現するのは難しい。

そんなことは私も重々理解しています。

でも、とりあえず取り組んで欲しい。

だからこそ「優しいでも恐いでも、静かでもうるさいでもなんだってイイんでっす♪」と

少しかる~い雰囲気で伝えているのです。




その上で“テキトー”なのですか?



何も厳密にキッチリと一言一句漏らさずになんて思ってもいません。

何となくで構わないのです。

でもこの場合の“テキトー”はそういったニュアンスには聞こえませんでした。


私が「わかりました!じゃ、私もテキトーに供養しますよ♪」とでもいったらどうなのだろう。


勿論そんな事言う訳もないが、そういわれたらきっと好い心持はしないはず。


あぁでもきっと、

お通夜や葬儀のお経はとどのつまりはBGMで、キモチがあるとか無いとか考えてはくれないのだろう。



枕経のトキ。

お通夜のトキ。

葬儀のトキ。



私は微力ながら精一杯力を注ぎます。

だって故人様にとって最初で最後の儀式だし、

そのご家族にとってもそれは同じなのだから。




でも、

ご家族様からは何もありません。

私も見返りなんてチンケなモノが欲しいんじゃありません。

でも、良いでも悪いでも、疑問でも納得でも。

何かは感じて欲しいと思います。




それでもお通夜の後席で、ビールを酌に来て下さいました。

私は「有難うございます。でも車(の運転)なんでお茶にします」と答えると。

「なんだぁ迎えに行ってあげればよかったなぁ。スイマセン」と言ってくださいました。


私の心境は複雑です。



だって枕経の時、お隣の部屋で

「(坊さん)迎えに行かなくても自分で来るっしょ」と言っていたのを知っていますから。










どうみても皆さんに悪意はないし。

坊さんにたいする軽蔑や故人に対する憎しみのようなモノがあるわけでもなく、むしろ普通。

そぅ!モチロン私の力不足は大いにあるのでしょう。

でも、それにもまして、儀式やそれにまつわるもろもろに関心が無いのでしょう。




火葬にお付き合いして。

埋葬に立ち会って。





ご家族から聞かれたことは


「お盆はやらなくちゃいけませんか?」とか。

「これからはこういったしきたりは無くなってきますよね」といったネガティブなご意見。

だからといってその方に対案がある様子もありません。



あとは家族といつもと同じような会話をし、業者さんの言われるままに行動していました。








御布施は仏事の対価では無いにしても、少なからぬお金を頂戴している以上、

相手の意図に沿うことは不可欠だとすると。




短いお経でさっさと退散する事が正解だったのでしょうか?

それともむしろ、

「何にもやなんなくていいいっしょ♪そうすればタダだし♪」みたいな事になればよかったのでしょうか?


その場所にそぐわない招かざる客のような雰囲気に居合わせた私は、

それでもなにかとっかかりが無いかと思った自分のスタンスがわからなくなりました。

祭祀とは一体だれのためなのかと。。。。










少なくとも、

私はお金がほしいからという気持ちでお経を読んでいません。

だからでしょうか。

なんだかこれで御布施を頂戴していいのか釈然としない気持ちを持ってしまいました。







関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR