Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 冠のついに正体見つけたり


ちょっとした旅~ あっはっは




心ときめかせ、いつもより少し早く起きて出発!

向かった先はお隣の茨城県。

とはいっても片道約3時間 ((゚m゚;)アレマッ!

そう!それはちょっとした旅のような道のりです♪



茨城県立歴史館にとうちゃ~く!

IMG_4316.jpg





お目当てはコチラで行われているテーマ展
「ほとけと結ぶ -六地蔵寺の灌頂法具-」です♪











IMG_ibaraki.jpg


灌頂(かんじょう)とは、密教において仏と正式に縁を結ぶために執り行う法会(儀式)です。水戸光圀の庇護をうけた六地蔵寺(水戸市六反田町)には、その法会で使われる多くの灌頂法具が伝えられています。それを通してほとけと結ぶこととは何かを考えます。*同館WEBより引用





実は以前、当ブログ(2011/06/22付)で取上げた宝金剛寺の什物 『宝冠(元和6年銘)』

そっくりのモノが展示してあるらしいという情報をご縁のかたから頂きまして、

いてもたってもいられなくって見学に行った次第でございます!








さぁ、六地蔵寺の潅頂法具(県指定)の数々を拝見。



そしてお目当ての宝冠を発見!!





「あっ!!ホントだ!!そっくりだ!!」 (*'▽'*)わぁ♪
(ちょっと展示品のほうが良いものっぽいケド。)


「そっかぁ、潅頂(という儀式)で使う法具かぁ」

「自分も(潅頂の儀式)受けたのに当時は意識してなくてわかんなかったなぁ」

「謎が解けてすっきりぃ~♪♪」





と、言う訳で。


当寺所蔵の什物は『宝冠』改め『潅頂用宝冠』と言う事に確定いたしました 

.☆.+:^ヽ(∇ ̄*)o♪Congratulations♪o(* ̄∇)ノ^;+.☆.



同館では学芸員の方がわざわざ時間を割いてくださって、貴重な資料を頂戴したり

オイラが持っていった宝金剛寺の宝冠を撮影してもらったりと、とってもありがたぁいご縁となりました♪









会場を後にすると、さぁ次だ!!!






御影石と歴史建造物で有名な真壁(現桜川市真壁)へ移動です ε=ε=ε=(o  ̄ー ̄)oブーン




IMG_4322.jpg










着いた処は『古仏修復工房』

代表を務める飯泉さんは文化財の修復を通して日本の文化を守り、後世に伝える活動をしているかたです。


IMG_4324.jpg
登録有形文化財の指定を受けている修理工房(旧樺穂小学校)



是非一度お伺いしたかった!

という訳で早速工房を見学させていただきました♪



IMG_4330.jpg

仏像好きなオイラにとってはヨダレもんの空間~♪♪


色々と情報交換をさせてもらったり、おススメ図録を紹介してもらったりとまさに仏像どっぷり状態!!!




IMG_4329.jpg
修復途中の十一面観音立像






飯泉さん。お忙しいところ本っ当にありがとうございました♪  (人∀≦+))






思わず予定時間を越えてしまいましたが、それはなにせ至玉の時間でしたからネ。








という訳で工房を後にしてラスト1カ所!!!




さぁ山へ!


山の中腹にあるお寺へ向かうのだ~


IMG_4341.jpg











天台宗 『峰寺山 西光寺』にお参りです♪








IMG_4345.jpg
懸造の本堂(県指定)



IMG_4346.jpg
回廊からの眺めはサイコー♪






こちらに御安置されている十一面観音さまにはいつかお会いしたいと思っていました。




旧立木山高照寺(廃寺)に伝来したこの観音様は像高6m近い巨大な立木仏。

明治42年に近隣の人たちの協力で現在の場所へ移されたのだそうです。








IMG_4344.jpg
十一面観音立像(県指定)



.+:。 オオォヾ(◎´∀`◎)ノォォッ 。:+.



す、すごい!!

おっきい!!




そしてみなぎるパワー!!!



抑揚のない一木造りの体部はかえって彫像前の原木自体に魂が存在していた事を証明しているようで、

その迫力の前では全体のバランスがどうのとか、手の左右がどうのとか。

もっというとカミかホトケかどっちかなんていうことはあんまり関係ないような気がしてくるのでした。










「なんだかあまりに(中身が)凝縮された一日だったなぁ」





自坊(宝金剛寺)へ戻ると車の走行距離は300㎞を越えていたのでありま~す (・∀・)アヒャ!!














関連記事

4 Comments

平城  

No title

ゆうごう様、こんにちわ。
5/27に自転車にて十一面観音様にお会いさせていただいたものです。
その節は、お世話になりました。

灌頂法具が残されていたのですね。貴重です。

いまさら、蛇足情報かもしれませんが、東博でもちょくちょく展示されます。
静岡の尊永寺さん(多分、法多山と思われます)のもので、一式かどうかは
不明ですが、各種のものが揃っています。時代的にはキャプションでは
鎌倉~江戸とあり、一具のものではないようです。

コメントには、写真が貼りこめないようですので、必要なら e-mail しますよ
(博物館の照明下で素人がコンパクトデジカメで写したもので、決して良い
写真ではありませんが)。

このブログのプロフィールのページの末尾にある yahoo でよろしいですか。

2012/06/01 (Fri) 11:21 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

平城 様。

先日はご来寺ありがとうございました。

ご指導ありがとうございます。
お写真等、ご質問のアドレスでお受けいたします。
(*迷惑メールとの混同を避けるため、件名にわかりやすい表題をお願いします。)


県内にも長柄町日輪寺密教法具(県指定)・小網寺密教法具(県指定)などの優品があり、
また佐倉市では井野千手院金銅五鈷杵(市指定)があります。

ただ、どちらも通常から使用出来るいわゆる荘厳具でしたので、
そういった意味で今回の『宝冠』はまた角度の違った価値があるかと思いました。

2012/06/01 (Fri) 20:15 | EDIT | REPLY |   

弘行寺住職  

No title

宝金剛寺様

こんにちは弘行寺です。
長旅でしたね。
巨大な観音様にびっくりしました。かなり興味深いです。
立木観音さんなどは行ったことありますが、千葉県や茨城県にも多くの巨大仏があることがわかりました!

2012/06/02 (Sat) 16:52 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: No title

弘行寺住職 様。

お疲れ様です。飯泉さんとお話しして弘行寺様の話題も出ましたよ♪

仏像=京都奈良鎌倉ではございませ~ん。
ただ茨城県は悉皆調査が進んでいるので、特に千葉県は至宝の多い“秘境”といえるのではないでしょうか。
弘行寺様の諸仏がそうであるように、まだまだ知られていない素晴らしいホトケサマが多くいらっしゃると思います♪



2012/06/03 (Sun) 09:46 | EDIT | REPLY |   

Add your comment