Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 あったのみつけた


そんなもんだね~ あっはっは




衣替えに伴って寺務所のカーペットも夏物にチェンジ!!

と、

それにまたともなって寺務所を大掃除です (*´・∀・)ホォホォ♪




棚に積まれた大量の紙!!!!


調べた資料やプリントアウトしたデータ、いただいた文章や展覧会のチラシ。

もらった手紙や写真やレジュメ。色んなメモ書きやはては何で取っておいたのかわからないものまで。。。


さっさか整理いたしやしょう♪♪





すると。







「あ!(探していた)書面見つけた!!」 ヾ(◎´∀`◎)ノォォッ


かなり必要で前々からかなり探していたのに。。。

ついにあきらめて先日再発行の手続きをしたばかりなのに。。。


いまさら出てくるんかい!!





まぁそんなもんですよね~ (●´ω`●)ゞ エヘヘ♪









そうそう。出てくるといえば。


先日お寺の資料を整理していたら、何通かの古文書を発見しました。

どれも年号があったり当寺の住職銘があったりとなかなか興味深い文書。


さっそくいつもお世話になっている“市史編さん室(佐倉市の機関)”へ電話。

近々解読していただく事になりました (´'c。'` )ほほー







まぁ、発見したといっても土中から掘り当てた訳でも無し。


(文書からすれば)
「私はずっとお寺にいたのにあんたが見分ける能力なかっただけでしょ♪」って事なのだろう。








たまに新聞などで、

『〇〇寺で中世にさかのぼる古仏を発見!』というような記事をみる。


「というか、なんでいままで知らなかったの?」とツッコミたくなるが、

きっとコレも同じようなことなのだろう。







IMG_4360.jpg
お寺から出てきた“古文書”。オイラにゃ全く読めん。。












関連記事

0 Comments

Add your comment