Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 明らかに明らめる


そんなものだよぉ~ あっはっは





今日も千葉方面棚経廻り。

本日は東京遠征でございます ε=ε=ε=(o゚ー゚)oブーン!!


廻る件数よりも圧倒的に移動時間が多いこの日。

車中では相変わらず落語が江戸の小粋な薫りを漂わせております♪



圓生百席(1)一文惜しみ/居残り佐平次圓生百席(1)一文惜しみ/居残り佐平次
(1997/04/21)
三遊亭円生

商品詳細を見る


三遊亭圓生師:居残り佐平次


以前にもここのブログでちょっと書いた()んだけど、

この噺に出てくる佐平次ってぇやつはこずるっくって調子よくって誠にタチが悪い。

初めてこの話しを聴いたトキは「何てぇ嫌なヤツだ」と憤慨したものでした。



でも、聴くほどに何故か憎めない。

それにどことなく悲哀を臭わす気になる男。


結局今ではこのネタが大好きです!(^^)!



ぶかっこうだったり、しゃんとしてなかったりがむしろ人間の本質なのかな。


そんなことを考えてしまう。









オイラが当寺の住職になりたての頃。

決意新たに就任したオイラは“僧侶とは”“宗教者とは”なんて頭でばっかり意識して。

同時に“信仰とは”なんて小難しい事を昔ながらのお檀家さんに無理やりあてはめた。

直線である事を旨とし、歪みを嫌悪した。


それは今想えばとっても窮屈。。






そして今は。




「データや理想で測るより、ありのままが人間の魅力♪」

「枠(わく)なんてはまらないのが粋(いき)♪」


そんな風にとらえることがちょっとずつ出来てきている♪




自分がダメでもいいのなら、ダメな他人も愛せるはず



そう言って他人を認め、

それにかこつけて自分を甘やかすのだ ヾ(~∇~;) コレコレ



関連記事

0 Comments

Add your comment