Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 知ってるよ♪

暑いですね~ あっはっは


ホント笑っちゃうくらい暑い(-_-;)

ちょっとでも動くと、いや動かなくとも汗びっしょりです。





今日はご葬儀のお勤めでした。

大正生まれのガンコおやじは近隣でも評判のキコリさん♪


みんなが無理だと言っていた曲がりくねった樹を切ったとか、

お酒を飲みながら大木を(目測通り)倒したといった、逸話もある程の腕利き。









10年ほど前、お寺の境内のケヤキが枯れてしまった時があり、お願いした事があります。

そのときも、お寺に来るなりまずは(日本酒を)グイッと♪

そしてコップ片手に2.30分樹を眺めると、「ココに倒すからよぉ」と指を指す。

補助の人が準備を済ますとチェンソーとナタで作業開始!

やにわに倒れる大木。もちろん倒れたのは先ほど指差した場所ピタリ!!

枝を払うと「さぁ中食(ちゅうじき)にすっかぁ」と、お新香つまみにまた酒を飲むのでした。




男ぼれするそのこなしっぷり。

なんだか洒脱なコメントがとっても清々しくって、その後も色々お話を聴かせていただきました。

でも聴けば、お父さんを早くに事故で亡くしたり、兵隊として戦地へ赴きたくさんの戦友を失ったり。。


どこか達観した雰囲気は、そんな経験から滲んできていたのですね。







もう色んな話しが聴けないんだなぁと思うと凄く寂しいけれど。


私は(意図して)さらっと儀式をこなしましたよ。


だって、おじさんそうでしょう。

いつか言っていたものね。

「御前さん(オイラの事)、知ってるだろ。人間はみんな死んちゃうんだよ。

俺もお前も。だからなんてことねぇんだ」って。


その時「そりゃそうだよね」ってオイラも答えたし♪




どこかから「なぁに、気にするこたぁねぇ」って聞こえてくるような気がしています。


またいつか会いましょうネ。




IMG_4641.jpg



関連記事

0 Comments

Add your comment