Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 寝る前の一冊


あっはっは~のは♪



読書は不思議です。

一冊良い流れで読むと、続けて読めます!

いつも寝る前にベットで読むオイラ。


夕方くらいから
「さっさと仕事(デスクワーク・卒塔婆書き・・)終わらせて、(本の)続きが読みたいなぁ」とワクワク v(=∩_∩=)


で、読んだ本。





てふてふ荘へようこそてふてふ荘へようこそ
(2011/05/31)
乾 ルカ

商品詳細を見る


敷金礼金なし、家賃は月13000円…。破格の条件に隠された理由とは?
特異な事情を抱えた6人の住人たちの、笑いあり涙ありのおんぼろアパート物語。(他頁より引用)



ふふふ。ライトで不思議で、それでいてちょっとホロっときて面白かった♪

まさか大家さんが・・・とは。まぁラストの謎解き的な流れは若干強引っぽかった。

著者はラストのイメージが先にあって書きだしたのかな?でも、難しい事言わずに楽しく読んだ♪











冥土めぐり冥土めぐり
(2012/07/07)
鹿島田 真希

商品詳細を見る


裕福だった過去に執着し、借金を重ねる母と弟。一族の災厄から逃れたはずの奈津子だが、
突然、夫が不治の病にかかる。だがそれは、奇跡のような幸運だった…。(他頁より引用)
第147回芥川賞受賞作品。


うう~っ。やりきれないなぁ。この母と弟の人格破綻状況。

否定しようにも肉親。受け入れるのはやはり感情を閉ざすしかないのか?

芥川賞受賞作は前回の(『共食い』田中慎弥著)も読んだけど、どちらもやりきれなさを感じまくった。

でも、バイオレンスな分だけ前回作の方が(キモチ的に)消化出来たような。。。

カップリングの『99の接吻』はちょっとひらいたが結局読み飛ばした。







極楽カンパニー (集英社文庫)極楽カンパニー (集英社文庫)
(2009/07/16)
原 宏一

商品詳細を見る


会社勤めの思い出話で意気投合した二人のオヤジは「会社ごっこ」をしようと思いつく。
駅前の喫茶店をオフィスに見立てて、「出勤」する毎日が始まった。やがて、
会社ごっこは定年世代の男たちの熱い支持を得て、全国に拡大していく…。(他頁より引用)


ばかばかしくも意外と考えさせられる。必要なのは働く事?働くならば闘うの?闘うならば出し抜かないと。。。

オイラサラリーマン経験ないからわからないケド、もしこういった内容があながち的外れでないならちょっと侘しい。










舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る


辞書編集部に異動した馬締は「大渡海」の編纂を始める。個性的すぎる仲間たち、問題山積みの編集部、ままならぬ恋…。
愛すべき変人たちが恋に仕事に右往左往。「大渡海」は編み上がるのか?2012年本屋大賞受賞作。



やっぱ三浦しをんの本は素直に面白いなぁ。

しっかり取材してそうなのに、へんに小難しくならずにさらっと書いてある。

あと、個人的には恋愛度数がライトな感じが良い♪♪

ストーリーで充分良い話なのに、ヤマ場を作るためにガッチリ恋愛表現してあるタイプってあるでしょ。

そういう類はオイラかえって冷めちゃうほうなので。









読書の秋!まだまだ読めるっ d(*'-'*)b


関連記事

0 Comments

Add your comment