Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 新しい知識

あっはっは~のは♪


本を読んでいると、そのトキの小さい流れがある。

小説ばかり読むトキ、ノンフィクションを読むトキ。


そこに深い理由は無い。


ただ読み進んでいるのが本当だ ( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん





と、いう訳で




今回は新書を続けて読んだ。


下山の思想 (幻冬舎新書)下山の思想 (幻冬舎新書)
(2011/12/09)
五木 寛之

商品詳細を見る



勇気ある撤退も必要。それはわかる。

頑張らなくてはいけない!負けてはいけない!という発想はオイラもニガテ。

どーでもいいわけではないけれど、こうでなくてはいけないのではない。

これ、結構大切。


後半が思い出話風になってしまっていったのが少し残念。







総理の器量 - 政治記者が見たリーダー秘話 (中公新書ラクレ)総理の器量 - 政治記者が見たリーダー秘話 (中公新書ラクレ)
(2012/07/09)
橋本 五郎

商品詳細を見る


先を見るほど、本当の結果はそのトキはわからないものだろう。

内容がそれこそ結果論でなければいいが。

敵に克つためには、敵を敵のまま理解し取り込まなければいけないといったところか。

どちらにしろオイラにそんな器量や度量が無いことだけは確か。









絆ストレス 「つながりたい」という病 (青春新書INTELLIGENCE)絆ストレス 「つながりたい」という病 (青春新書INTELLIGENCE)
(2012/10/02)
香山 リカ

商品詳細を見る



人づきあいが苦手なオイラ。

勘違いして欲しくないのは、“キライ”ではなく“ニガテ”だという事。

つながる暖かさは嬉しいけれど、つながっていないといけないのでは本末転倒。

つながりを意識するという事は、つまりつながり続ける事が難しいという事。

そうであってこそ、そのつながりは有り難いのよね。






なんでSNSやんなきゃだめなの?

なんで話せるだけの携帯電話じゃダサいの?

みんなでやらないといけないって事がオイラにはストレスとなってしまうのだよねぇ


↑↑↑
そんな奴ほど、イザ始めたらハマったりして。。。ヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~













関連記事

0 Comments

Add your comment