Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 お寺の什物公開します!!

あっはっは~のは♪


以前、本堂に搬入されたガラスケース


中身がようやっと納まりました ε=( ̄。 ̄;)フゥ



そして、今ここに。


“宝金剛寺の什物を公開いたします”







宝金剛寺常設展示
『宝金剛寺を伝えるもの -近世から見るカタチ-』






IMG_5240.jpg


<概略>
佐倉市直弥に所在する宝金剛寺は鎌倉時代初期の建仁3年(1203)に、将軍源頼家が北条時政を奉行に命じ創建させたと伝えられ、天正18年(1590)に、徳川家康により北条氏勝が岩富城主に封じられると、この寺を崇敬し、大旦那として庇護しました。
このようなことから現在でも佐倉地方の真言寺院の本寺として位置づけられています。
寺伝によると戦国時代末期に火災があったとされ、中世にさかのぼる資料が無いのが残念ですが、北条氏勝寄進の七條袈裟(市指定)をはじめ氏勝が帰依した当寺15世覺朝以降の資料は豊富に伝来しています。

この度、当寺ではこのような伝来品をテーマごとに展示することで、“地域のおける貴重な資料”の価値を再確認し、後世へつなげる思いを新たにするものです。






<展示品>

全9種17点   *平成24年11月現在



<展示テーマ>



①宝金剛寺を伝えるもの

北条氏勝寄進食椀(市指定)をはじめ、伝来品のなかでも特に価値の高いものを展示します。



*食椀は湿気による品質劣化を防ぐため、夏期は展示されません



②僧侶と文書


一年志願兵軍隊日記(市史掲載)をはじめ、近代宝金剛寺住職の記した記録や当寺に関わる僧侶の書簡を紹介します。






③版木からみる信仰


今は無い山門・鐘楼堂の建設を発願する鐘楼堂勧化版木(天明元年銘)をはじめ、宝金剛寺に残る30枚を超える版木の中から特に信仰をうかがい知ることのできる品を展示します。








IMG_5180.jpg


IMG_5242.jpg


IMG_5241.jpg



内容は、今後の調査等で変更したり入れ替えたりしていく予定です。


わざわざ見に来るにしてはボリュームが足りないかもしれませんが、近くにお立ち寄りの際はご覧になってみてください♪









拝観料は無料です。

但し入場のルールとして本堂でご本尊様にお手合わせしてくださる心をお持ちの方に限らせていただきます。















関連記事

2 Comments

uchikoba  

おお!いつのまにやらいろいろなことが。
頑張ってますね~。(*´∀`*)

立派な常設展示ですね。
今度お寺に行って見せてもらうのが楽しみです♪
それから↓の個展告知、ありがとうございました。これから作品搬入作業行って来まっす!(ノ∀`)
それでは、また!

2012/11/23 (Fri) 10:44 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

uchikoba 様。

> 立派な常設展示ですね。
> 今度お寺に行って見せてもらうのが楽しみです♪

是非ご覧ください♪年末大掃除でも、モチロンその前でも(^◇^)


> それから↓の個展告知、ありがとうございました。これから作品搬入作業行って来まっす!(ノ∀`)
> それでは、また!

妻と子供たちが伺うと言っておりました!よろしく~♪

2012/11/23 (Fri) 19:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment