Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 そんな気質で


あっはっは~のは♪


珍しくポコッと休日になった日曜日 (≧∇≦)ノ ハーイ♪

お天気も良いし、妻と子供たちも出掛けたそうな空気を漂わす~ 




「よしっ!行こうっ」



というわけで、お出かけしました!



向かった先は金乗山 金剛院 平間寺


つまり、川崎大師ですっ (*^-°)v



IMG_5576.jpg


≪川崎大師の縁起≫

今を去る880余年前、崇徳天皇の御代、平間兼乗(ひらまかねのり)という武士が、
無実の罪により生国尾張を追われ、諸国を流浪したあげく、 ようやくこの川崎の地に住みつき、
漁猟をなりわいとして・・・・・・
(HPより抜粋)



漁師さんの網にかかった仏像を祀って、霊験あらたかで後に祀った人の名前がお寺の名称となる。

庶民救済という仏教の親しみと大海に広げた網にかかるという神秘性!

信州の善光寺もまさにそれですよね♪

お寺の縁起ってなんでこういった御誕生奇譚になるのかなぁ。。。その背景を知りたいなぁ。。。







などといういわれなどそんなに気に留めるまでもなく・・・

せきどめ飴を打つ音と、お香の芳しさ。

出店と行き交う人の流れの賑やかさ。

理屈抜きで気分爽快なお散歩お参りでございました♪♪







それにしてもオイラは思う。



「ホントは(子供たちは)もっと今っぽい遊び場所の方が良いのかなぁ」と。

でも、オイラその“凄い速さで恐怖を楽しむ乗り物だらけの場所”とか

“ネズミさんのいるとんでもなく広い夢の国”とかニガテなのです(´Д`|||)





だって楽しいと思えないんだもん。。。



偏屈で少数派の父親でスマヌ・・・人( ̄ω ̄;)




そう思いながらも、そんなヤツの家族でいてくれていることに感謝している。





IMG_5578.jpg


って、

かなりエンジョイしてんぢゃん?!  ヾ(@°▽°@)ノあはは 













関連記事

0 Comments

Add your comment