Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 村の良き伝承(百万遍)

あっはっは~のは♪


市内天辺という地区で行われている行事に参加させていただきました!

この行事は本来毎年2月の24日でしたが、特に近年は24日に近い日曜日に行われています。




春祈祷(百万遍)

 百万遍は天辺の宝寿院で地域の人達が大きな数珠を廻して行うもので、お堂の中に長さ10.8m(六間)の数珠をひろげ、輪の外側に数珠を廻す人々が座り、中央に数珠の廻った回数を木の札で数える役の者と鉦を叩く者が座ります。念仏を唱えながら数珠を左に廻し、数珠の大きな玉(ふさの部分)が自分のところに廻ってくると玉を少し高く上げ一礼して次に廻してゆきます。この行事を天辺ではジゾウサマノオビシャとも呼んでいます。
 この行事は、田畑で農作業の開始される春の初めの節分後から彼岸前後に行われる地域が多いため、節の折目に五穀の豊穣を祈念して行われるものとみられています。
(和田公民館発行「和田の伝承」より)





IMG_5628.jpg
左から念珠・札・鉦



IMG_5631.jpg
時計回りに廻してゆきます







地域のオンナタチ(女性)を中心に行うこの行事。

24日に行うのは、コチラのお寺のご本尊(地蔵菩薩)さまの御縁日が24日の為。



でも、伝承だとか地域の文化と高らかに宣言しますとかえって堅苦しくなるのかもしれません。

細かい決めごとはさて置きましょう。



だって、言ってみれば懇親会ですよね♪

実際数珠を廻すのは15分程度でその後のお茶のみが約1時間半でした)(*^_^*)

さらに本尊様のパワーと数珠(仏)の功徳で田畑が豊かになれば願ったりかなったり♪

そんなフレンドリーでお得な時間を共有です!!





今の人(オイラの同世代くらいの事)にゃ、理解出来ない非効率な行事だろうなぁ。。。

しかし言ってみればたかだかこんな事に参加するために、

アレコレ根回ししたり相談に行ったりして、結局5年越しに参加を果たしたオイラ。

そりゃあ、よっぽどへんなひとだわぃ(σv`*)エヘヘ







オイラのした調査では、近隣(市内和田区域)で、

今現在このような行事が行われているのは当地区だけだと思っていました。

でも、どうやらもう1地区でもやっているという風のうわさ・・・。



「よしっ!引き続きリサーチするぞぉ!!!!」


関連記事

0 Comments

Add your comment