Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 どっちが豊かか


あっはっは~のは♪


境内入口にある大きな椎の木。

数年前から枝枯れが目立ち、台風などで落ちると危険なために枝をはらう事になりました。



IMG_5676.jpg
枝はらい前




業者さんが器用にカットしていきます♪




IMG_5677.jpg




そして、

枝枯れした理由を知っています。



それは、当寺の建設事業です。

お堂を解体する前、重機の出入りに不自由しないようにと境内周りの木々の枝を切りました。

建造物の新築を優先とした計画の中で、お金も時間もかけずになるべくいっぱい切ろうと

コストカットの乱雑カットでした。。。



それがこの大樹を弱らせて不格好にしてしまったのです。




それから徐々に赤茶けてゆく枝。

お隣のおじいさんが「なんだか枝が傷んでるねぇ」と心配するたびに、

オイラは何だか心が痛みました。




「もっと木に優しく対処できなかったのか」





いくら後悔しても、その時にはそんな時間的余裕も心理的余裕も全くありませんでした。

ずっと大樹に申し訳ないと思いながら。。。



あれから約7年。





いろいろ考える中、

樹木の気持ちに寄り添える業者さんの手で本日を迎えます。




IMG_5681.jpg
違いがわかるかな♪




胸のつかえが取れたような心境です。





境内を見回せば木や草や土。

緑豊かにと思いながら、利便性を考えなければイケナイ立場もあるオイラ。

歩きやすい舗装とバリアフリー。

車を止めやすい整地とスペース。



便利で安全にするならば、時に自然を犯さなければ。

そんな事はわかっているけど。

できれば自然と仲良くしたい。



もっと出来る人になるべ!!

大局を見ながら共生を図れる人によ!!




椎の木を眺めて、想うのだ。











関連記事

2 Comments

heijo  

人が暮らす上で、自然とどう関わるかは難しい問題ですね。ゆうごう様の願いが届いて、椎が健やかでありますように。

円空展の関連講座で、スダジイの団栗なら簡単に食用にできる、マテバシイも手を加えれば食べられると聞きました。今は団栗なんて見向きもしませんが、昔は食用になる木は大切にされたんだろうと思います。

聞きづてですが、4/27は大役ですね。4/20ともどもお伺いしたく思っています。

2013/03/06 (Wed) 09:47 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: タイトルなし

heijo様。いつもありがとうございます。

> 人が暮らす上で、自然とどう関わるかは難しい問題ですね。ゆうごう様の願いが届いて、椎が健やかでありますように。

感傷に浸るのは私の悪いクセです(^_^;)
でも、やっぱりできれば元気で聳えて欲しいです。



> 円空展の関連講座で、スダジイの団栗なら簡単に食用にできる、マテバシイも手を加えれば食べられると聞きました。今は団栗なんて見向きもしませんが、昔は食用になる木は大切にされたんだろうと思います。

小さい頃、遊びで試しに食べてみてシブかった記憶があります。
その時父親に「しっかり調理すれば意外と食えるぞ」と言われましたのを思い出しました。
親が幼少のころは食べた?!いや、といってもそれも子供の遊びとしてでしょうが。



> 聞きづてですが、4/27は大役ですね。4/20ともどもお伺いしたく思っています。

完全にいち聴講者として楽しみにしていたのに・・・まさかそんな大役が(-_-;)

2013/03/06 (Wed) 20:44 | EDIT | REPLY |   

Add your comment