Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 キンラン豪華に♪


あっはっは~のは♪


おまけにうっふっふ~のふ(^-^)


今年も咲いてますよ



IMG_5912.jpg



キンラン

山や丘陵の林の中に生える地上性のラン。高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。花は全開せず、半開き状態のままである。
雑木林の木漏れ日に照らされて輝くさまは金蘭の名に相応しい。元々、日本ではありふれた和ランの一種であったが、1990年代ころから急激に数を減らし、1997年に絶滅危惧II類(VU)(環境省レッドリスト)として掲載された。
( Wikipediaより抜粋)





でも、今年は(昨年に比べて)少し数が減りそう。。。

それは、墓地周辺の竹藪を片付けたから。

いやいや、片付ける事は間違っていません。

むしろ荒れるに任せている方が植物の生態系も乱れるし。

でも、キンラン自生地の日影が減った事で、

結果生存権が狭まった事は確か。





こういうのって複雑ですよね。

もちろんお寺はキンランの為だけに存在するのではないし、

つまり樹を見て森を見ないのというのではイケナイ。

ましては7本→5本になった程度のレベル





でも、お寺だからこそとも言えるのは。

経済効率で全てを図りたくない!

ひたすら利便を追求するよりも、

むしろ不便を受け入れて味わいたい!!

そんなとこで葛藤したいです♪♪




そんなオイラは偏屈なのか???





でも、それがお寺の魅力でしょ(^-^)





とにかく便利になればよいのなら。

今すぐコンビニにしてしまえばいいのだ Σ(´□` ) ハゥ





いや、あくまでそりゃ極論っス (●´δ-`)フーン

関連記事

0 Comments

Add your comment