Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 何にハマるか?


あっはっは~のは♪


最近読んだ本には共通性がほとんどない。。

まぁ濫読とまではいかないだろうが。


このブレる感が以外と楽しかったりするのだ(^_^)v





我が愛と青春のたけし軍団我が愛と青春のたけし軍団
(2012/06/20)
不明

商品詳細を見る


不世出のコメディアン、ビートたけしを師匠に持つ「たけし軍団」。軍団のリーダー格であるガダルカナル・タカを中心に、つまみ枝豆、ダンカン、松尾伴内、グレート義太夫ら、総勢8名の軍団中核メンバーが明かすたけし軍団、師匠・たけしの素顔。FRIDAY事件、バイク事故の真相も明かされる。 (他頁より引用)




めちゃくちゃでくだらなくって、でっかくて温かくて。

北野武を取り扱った本はそのネームバリューのみのモノが多いが、

この本は違う!師匠への愛が溢れてるな~と感じる良書♪










歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)
(2012/10/24)
磯田 道史

商品詳細を見る


忍者の子孫を訪ね歩き、東海道新幹線の車窓から関ヶ原合戦を追体験する方法を編み出し、龍馬暗殺の黒幕を探る――。
著者は全国をめぐって埋もれた古文書を次々発掘。そこから「本物の歴史像」を描き出し、その魅力を伝えてくれる。
歴史を存分に愉しみ、現代に活かせる「歴史通」になりたいあなたへ。(他頁より引用)




忍者の歴史を探ろうとするも、その資料は少ないのだという。

なぜなら忍者は「忍び」だから!!そりゃ、秘密ばかりだから書き残さないよね(笑)

尊敬を込めて呼ばせていただけるのならば、著者は「古文書の鬼」。

読んで読んで読みまくる♪

ちなみに著者の震災後の地震への取り組みには

「こんなスタンスもあるのか」と感心させられる。











日本人が忘れちゃいけないこの落語(落語CD付き) (ベスト新書)日本人が忘れちゃいけないこの落語(落語CD付き) (ベスト新書)
(2009/05/09)
三遊亭圓窓

商品詳細を見る


日本人にこれだけは覚えておいてほしいという願いを込めて厳選した約25の噺について、現代人に通じる古くて新しい解釈を披露する。
「正直であること」「欲張らないこと」「夫婦喧嘩を大いにすること」「年をとったら堂々と赤ん坊に戻ること」」「生き死にの冗談は言わないこと」等、現代日本が忘れてしまった美しい心を笑いとともに取り戻す。
幻の名演《替わり目》特別CD付き。(他頁より引用)






師の噺が好きでCDを何枚か持っている。
(でもホントは“生”で聴かなきゃね)

そんな流れで読んだ。

なるほどと思わせる部分はモチロンあるが、

師の噺で感じる造詣深さをイメージしていくと

読み物としては少々物足りない。

やはり噺家は噺で勝負ですから良いんでしょうけど。

そしてあらためて感じた事は

「赤めだか」を書いた立川談春は凄いんだなと。











九つの、物語 (集英社文庫)九つの、物語 (集英社文庫)
(2011/02/18)
橋本 紡

商品詳細を見る



大学生のゆきなの前に、長く会っていなかった兄がいきなり現れた。女性と料理と本を愛し、奔放に振舞う兄に惑わされつつ、ゆきなは日常として受け入れていく。いつまでもいつまでも幸せな日々が続くと思えたが…。ゆきなはやがて、兄が長く不在だった理由を思い出す。人生は痛みと喪失に満ちていた。生きるとは、なんと愚かで、なんと尊いのか。そのことを丁寧に描いた、やさしく強い物語。 (他頁より引用)


こんな展開だとは思ってもみなかった。

悲しいのか、楽しいのか、不思議なのか。

やさしい事は確かだが。



勝手に著者は女性だと思っていたら男性だったのね。。

いやいや文章があまりにしなやかで。

風の噂では断筆するとかしないとか?!

個人的には結構好きな作家さんではあるので。












将棋の子 (講談社文庫)将棋の子 (講談社文庫)
(2003/05/15)
大崎 善生

商品詳細を見る



講談社ノンフィクション賞受賞の感動ドラマ将棋のプロ棋士を目指して戦い続ける少年たち。だが、そのほとんどが、昇段規定をクリアーできない冷徹な現実を前に夢半ばで挫折する。残酷で切ない奨励会物語。 (他頁より引用)



表舞台で光り輝く事が出来る人は本当に一握りで、

その光の陰には途方もない数の挫折や苦悩のがある。

そんな事は頭ではわかっていても、やはり、切ない。

あぁ、沁みる。。









ブログなんぞで読了本を書き連ねていると、

あたかも思慮深い人間と思われる様で。。。。

それは完全に誤解で。

とにかく私は浅はかで、しかも偏屈。

「感受性という装置が壊れているんじゃないだろうか?」と

自分をいぶかしく思うのだ。




と言う事を踏まえたうえで。叫びます。



あぁー!

もっとアタマが良くなりたいよー!!

















関連記事

0 Comments

Add your comment