Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 お礼詣りとでも


あっはっは~のは♪


千葉市美術館『仏像半島』展が終わって。。。

なんだかちょっぴり淋しいと思う今日この頃(*^。^*)



そんな中、本日は車を飛ばし

お寺さんへのお像返却に立ち会って参りました。


ちなみに美術館では、一カ月かけて

各お寺さんに返却するのだそうです。(^ー^)オツカレサマ 






向かった先は南房総市檀特山 小松寺さまです。


当ブログではすっかりおなじみかしら。

オイラの(県内)寺好きの原点でもあり、

仏像好き目線としても、その頂点に位置するであろうコチラのお寺です。







お伺いすると、既に専門スタッフによる搬入が始まっていました♪



IMG_6002.jpg
梱包されたお像たち


IMG_6003.jpg
一体ずつ慎重にお戻しします






無事に堂内に鎮座された諸尊。

さっきまでマニア心できょろきょろしていたオイラですが、

一応坊主のはしくれ(?!)として、

般若心経を読経させていただきました。


IMG_6005.jpg



やっぱり仏様はお堂にいらっしゃるのが一番ですネ♪(*^-°)v

皆様、出開帳お疲れ様でした。









この度の展示であらためて、

 1,秘仏本尊の存在価値

 1,幅広い年代の仏像群である意義

が再評価されていくのだと感じました。   





でも、



文化財的に正統な評価を受けるべきだとは重々理解したうえで。

博物館常設や収蔵庫保管にはならないで欲しいなぁ。。。



お堂に鎮座されるお像に手を合わせながら、

地元の鎮守に感謝するのでした。









関連記事

0 Comments

Add your comment