Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 おたわむれ


あっはっは~のは♪

と、笑えないほどの豪雨と強風。。。

被害が少しでも穏やかであることを祈念します。






さて。



大自然には逆らえませんので、こんな日は(建物の)中で出来る事を。

で、卒塔婆を書き書き落語を聴きました♪




落語のついでに塔婆?

いえいえ、塔婆を心地よく書く為の落語です(^v^)




特選!! 米朝 落語全集 第十五集特選!! 米朝 落語全集 第十五集
(1991/01/23)
桂米朝

商品詳細を見る


『地獄八景亡者戯』 桂米朝 師



サバを食べて食あたりで死んだ主人公が地獄に向かう旅路で繰り広げる奇想天外

ドタバタコメディーとでもいったところ。





1時間を越える大ネタなんですが、飽きずに一気に聴けてしまいます♪



それにしても、そこかしこに出てくる「三途の川」・「閻魔大王」・「針の山」といったワードは

現在の人にどのように聞こえるのかな。




例えば「来年の話しをすると鬼が笑う」といったフレーズ。

ネタの中ではあるある話しのように登場するけど。


「小さい頃、おばあちゃんが言っていたなぁ」などと思えれば懐かしさ半分、可笑しさ二倍!

でも、

「へぇ~そうなんだぁ。なるほど、ふむふむ」と学ぶように聴くとまぁそのまんま。


「ナニソレ?わかんない。。」では話し半分かも。









科学的には“あり得ない”伝承や先人の想い。


しゃくし定規に合理的に切り捨てるよりも。

うんうんうなずきクスッと微笑んで、

心豊かに感じられる人間でありたいですね(*^。^*)



関連記事

0 Comments

Add your comment