Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 2つのお城

あっはっは~のは♪


台風が無事に過ぎると途端に良い天気♪

心清々しく、仕事もはかどります(^-^)





境内をせっせと掃いて、

塔婆をしっかと書いて、

彼岸用配信の準備をいそいそと。






んで、ちょっとお出かけです。



佐倉市美術館へ行ってまいりました(^_-)-☆




20130918135915.jpg

佐倉・房総ゆかりの作家たち 
銅版画を中心として





あ、でも正確には。

自分の中の本題はチラシ下部のそれです♪



「佐倉・城下町400年記念ふたつの佐倉城



戦国期に千葉氏によって築城された本佐倉城と、

江戸期入る時期に土井利勝によって築城されていった佐倉城。

この二つのお城にまつわる展示でした。



まぁ展示自体の規模はあまり大きくなかったのですが、

オイラが特にみたかったのは「古今佐倉真佐子」という古文書です♪




≪古今佐倉真佐子(ここんさくらまさご)≫

佐倉藩主稲葉正知の家臣渡辺善右衛門守由(1701-1762)が記録したもの。
守由が佐倉に居住していた正徳年間前後の佐倉の風俗や見聞、
伝説などが丹念につづられている。
(佐倉市指定文化財)


古今佐倉真佐子が良くわかる動画→コチラ


原本を初めてみる事が出来て大満足☆

なるほどカムロちゃん(佐倉市マスコットキャラクター)のモチーフも登場していましたね♪

とはいっても本分自体は達筆で全く読めず。。。(>_<)


せめてもう少し古文書の読み方を身に付けなければいけないなぁと痛感しました。







いつかお寺で古文書講座出来ないかなぁ。。

そうすれば便乗してオイラも習うのに 

ついでにお寺所蔵の文書もガツガツ解読してもらったりして (*^m^*)





などとムシの良い事を考えるのでした!













関連記事

0 Comments

Add your comment