Welcome to my blog

ゆうごうの「目指せこころあつまるお寺!」

千葉県佐倉市直弥にある「皓月山 宝金剛寺」住職 京極勇剛の部屋

 へんろ調査 デビュー

あっはっは~のは♪


良い日和♪ 散策日和もしくは探索びより~(^-^)

というわけで、本日は地元に伝わるお大師参り『六崎十善講』について

調査に行く事となりました♪






♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。♦♫♦*

六崎十善講について


『和田地域のお大師参り』(800字版)
 ブォオーというホラ貝の響きに重なりシャンシャンという鈴の音。音色につられて目をやると
そこには白衣を身にまとい杖を片手に祠に向かって小気味よく経文を唱える『お大師参り』と
呼ばれる一行が。桜の枝先についた膨らみが薄ピンクにほころぶあの季節がまた、やってきます。
でも、いったい何時からこんな景色がみられているのでしょうか。
 時は太平の江戸時代。四国八十八箇所霊場を模して札所を設ける巡礼が全国的に流行していきます。
その中でも和田地区内にある札所は今から二百年も前の文政年間に六崎村の鏡寳寺住職によって
設置された事が始めとされます。そして明治期には『六崎十善講』という名称となり、一般庶民にも
親しまれていきました。

 祠にまつられるのは『弘法大師』という平安時代の高僧。中国で学んだ有難いお経を日本へ伝え、
私学校の設立や治水工事を行うなど多くの功績を残し『お大師さま』と呼ばれて絶大なる信仰を受けていきます。
講の皆さんは祠のある場所へ着くとお経を唱え、次に『ご詠歌』と呼ばれる音階のついた歌を詠みます。
このご詠歌は四国の巡礼にならっており、各場所によって歌詞が異なります。
その後『光明真言』というお経とお大師様のお名前(宝号)を三遍ずつ唱えると無事終了。
次の場所へと移動となります。
最近は少なくなってきましたが、以前はどの場所でも地域の人が講の皆さんに味飯にぎりや
茶菓子などをふるまいました。『せってい』と呼ばれるこの行為をするのは、飲食の接待をする事で
その地域から災いを無くし(息災)、福をもたらす(功徳)と信じられているからです。

 私達が生まれる何代も前のご先祖様から伝わる『お大師参り』
やさしい想いがこもったその行事は、時代を経てもなお、地域に生き続けています。

H24/03/20 社協「わだ」掲載原稿より)



♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♫♦*゚¨゚・*:..。♦♫♦*






じつは縁あって昨年頃から当大師参りについてあらためて調べてみようという事になっていまして、

アレコレ本で調べたり古い研究所を掘り起こしてみたりはしていたが、

本格的な現地調査は(オイラにとって)デビュー戦であります!



さぁ行こう!




今回は特に佐倉市内でも旧和田村内に設置されている大師堂のチェックです。




IMG_6415.jpg



IMG_6419.jpg



まずは丁寧にお参りして、その後各お堂の基本データを細かく調べて行きます。

内容は主に本尊である大師像の材質や寸法、そしてご詠歌の存在確認や額の採寸。

その他関連資料(タスキ・棟札・奉納品・周辺の石碑)と各年号記載の有無についてです。






それぞれのお堂にそれぞれのカタチ♪

沸き起こる様々なギモン(・・?  時に発見 (^_^)v


群れをなしてやってくる蚊と格闘しながら、お住まいのヤモリさんの登場に御挨拶しながら、

根気よく調べてゆくのです♪





IMG_6418.jpg
堂内にあった棟札(ウラ面)












IMG_6416.jpg
ご詠歌額裏には時代を感じさせる文字が・・・







もちろん鍵がかかっていたりする場合も多いので、その場合は要再調査!!

鍵の持ち主は誰かも調べてあたりを付けて行くので結構な手間です。

そう!なんたって少ない資料をもとに手探りで調べてますからね♪♪






今日の合計調査数は10カ所。

お寺に戻ると本日の調査資料の整理と今後の計画。

気がつけば夕日も落ちてきています。






まだまだ先は長いですね~。

なんたって合計100カ所近くあるのですぅ(^-^)





それでもとっても楽しくって充実の一日でした。

御同行の村田一男先生(元八千代市郷土博物館館長)には心から感謝です♪♪






この大師参り調査。

ここ数年のライフワークになりそうです(^_-)-☆






-----------------------------------------------------------------

佐倉・城下町400年記念協賛事業
「宝金剛寺の什物について -涅槃図と宝冠を中心に-」(10/20 14:00~)

上記講演会の詳細は → コチラ♪


2 Comments

Mr.お遍路さん  

へんろ調査デビューおめでとうございます

こんばんわ!

尼崎の・・・でわかりますよね(笑)

ついにへんろ調査デビューおめでとうございます。

棟札まで・・・なかなか本格的ですね。
今度先生も交えて3人で調査しましょう。
(くれぐれもお二人で済ませないように)

では調査報告書楽しみにしてまーす(笑)

2013/10/01 (Tue) 22:27 | EDIT | REPLY |   

naoyanootera  

Re: へんろ調査デビューおめでとうございます

Mr.お遍路さん (M)様。

お世話になります♪
デビュー戦、楽しかったです(^v^)
収穫も結構ありましたヨ。
天保の棟札(祈願札?)や文政の銘など。

行く先行く先で大量の“蚊”に歓迎を受けたのにはまいりましたが(笑)

今後ともどうぞよろしくお願いいたしますヽ(^o^)丿

2013/10/02 (Wed) 07:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment