FC2ブログ

安達一族と鎌倉幕府

神奈川県にある


県立金沢文庫へ特別展を拝観に行きました(´▽`*)





20180830.jpg



特別展
「安達一族と鎌倉幕府」







鎌倉幕府の有力御家人である安達氏は、源頼朝の側近として活躍した盛長を始祖とします。


中でも泰盛(1231-1285)は、文永・弘安の蒙古襲来の折に



幕府の重役を務めて絶大な権力を握りますが、



その後の霜月騒動によって一族と共に滅ぼされてしまいます。



今回はそんな安達氏に係る資料と、真言密教の関りについての展示でした。











色々な展示で何度もうかがっている金沢文庫ではあります。



とはいえ、知識の浅い私にはかなーり少々難解な展示でもあり、若干躊躇していました。



ただ、今回は複数の有識者と拝観するご縁に恵まれ、



結果的にはとても良い時間となったのであります♪









syoumyouji.jpg
総州願成寺研究会の皆様と♪





ご関係の皆様、本日はありがとうございました!



私はなんちことない人間なのは揺るぎませんが、このようなご縁に恵まれて幸せです(#^^#)




佐倉学講座(H30年度)

お盆も明けて、ひと段落♪





ということで、地元公民館で佐倉学講座を受講してまいりました。






平成30年度 佐倉学講座
楽しく学べる和田地域学


第3回 和田 中世の歴史
 -戦国期本佐倉城の周縁地域として-

 講師:遠山成一




40044360_1918145338261158_1764144863210635264_n.jpg



昨年の当寺秋の公開講座でも大変お世話になった遠山先生。





講座内容もその時のモノがベースになっているとのお話でしたが、



実際には研究が進められており。






千葉胤富・邦胤期の家臣としての圓城寺氏の存在や。



今回初出ともいえる赤地氏のお話など、とても興味深く拝聴いたしました('◇')ゞ








40112115_1918145524927806_922483512605409280_n.jpg





それにしても、当寺での講座でも言える事なのですが。



受講者の内、肝心の地元の人のご参加は本当に数えるほど・・・。




地元にとって大変意義のある内容だっただけに、少しもったいないような気もしてしまいました。





ただ、このあたりの事情は一朝一夕では変えられるわけでもなく。




いかんともしがたいですからねェ(^▽^;)










ま、そんなことはともかく。





いまだお盆ボケが抜けない私ではありますが、



とっても良い講座に満足でした♪♪





ヨカッタ お施餓鬼会

とにかく、キツかった!



平成30年度盆の諸行事(棚経廻り&施餓鬼会)を終え、あらためて思う。







segakidann.jpg
本年のセガキ檀





今回のお施餓鬼会における自らのテーマは“修法”でした。


(*修法に取り組む私の様子は→コチラ♪




出来なくてできなくてナサケナイ。。




でも、時間をつくっては繰り返し勉強し、実践し当日までこぎつけました!







そして




大成功には程遠いけれど、失敗無く勤め上げることが出来ました。















それにしても。




しょうもない私を温かく受け止め、何度も教えてくださった近隣寺院のO師の存在たるや。




いやはや本当にありがたい。






なんというか。




“捨てる神あれば拾う神あり”というのが私の偽らざるキモチ。








私は基本的に自分の価値をあまり認めませんが。





それでもご縁の皆様との得難いかかわりの中で生きています。











また、今年はご承知の通り例年にない暑さでして。




棚経廻りの消耗度は過去最高でした。



お伺いしたお宅の庭にある蛇口をひねって冷水でじゃぶじゃぶ頭を洗ったり。



人気のない社などに行ってはびしょびしょの白衣をはだけてバサバサ仰いだり。




キモチが折れないように「俺って最高だぜ!」と自分に何度も話しかけながら原チャリを飛ばしました(笑)





とにもかくにも♪








多くの皆様に感謝申し上げ、本年度の盆供養にかえさせていただきますm(__)m


プロフィール

naoyanootera

Author:naoyanootera
千葉県佐倉市直弥にある「宝金剛寺」というお寺の住職です。
お寺の日常や坊さんとして思った事、他趣味やらをつらつらと。。

皆さんのコメントがこのブログを元気にさせます!

*寺院の詳細プロフは「カテゴリ」内「プロフィール」へ♪

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR